Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tpplawnet.blog.fc2.com/tb.php/13-1b168f9e

トラックバック

コメント

[C8] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「ISD条項」という表記について

細かいことですが、「ISD条項」と書くと、時々「ISDSでないと意味が通じない」などと指摘される学者の方がいらっしゃいます(だいたい、国際経済学の先生で、TPPに賛成される立場の先生です)。おそらく、マスコミもこういう先生方のご批判を受けたのでしょう、最近ISDSと表記を変えたところがあります。
しかし、例えば、「国際経済政策分析」という冊子を出しているピーターソン国際経済研究所が2013年1月に発行した冊子の中の「Understanding the Trans-Pacific Partnership」というレポートでは、「ISDS」ではなく、「ISD」との略称を示しています。
他にも海外文献でもISDでたくさんヒットします。

「ISD」と言うと勉強不足のように「誤っている」と指摘してくる方におかれては、日本のマスコミや私達弁護士に指摘するのと同様に、海外の多数の研究所などに対しても「誤っている」と指摘されたらいかがか、と思うところです。

 いずれにしろ、日本では既にISD条項として一般的に認識されているので、私たちは今後もISD条項と表記します。
 
 問題は、ことの本質です。
 このようなことで揚げ足をとることに時間を費やすことなく、本質的な議論をしっかりしていきたいところです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tpplawnet.blog.fc2.com/tb.php/13-1b168f9e

トラックバック

コメント

[C8] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:反TPP弁護士ネット
TPPに反対する弁護士ネットワークです。問い合わせは、ネットワーク事務局の弁護士中野和子(シンフォニア法律事務所)まで。 電話03-3230-7435. FAX03-3230-7436. ★カンパはこちらまでお願いします【三菱東京UFJ銀行 赤坂見附支店 普通口座 0192656
口座名義人 TPPに反対する弁護士ネットワーク 事務局長 中野和子】
 

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。